Home > 業種ごとのBIM活用/事例 > 設計事務所 > ヤマガタ設計

事例:ヤマガタ設計

ヤマガタ設計/導入事例

Revitで初のBIM設計に挑戦
混迷する建築業界の「次の一手」で
顧客満足度と作業効率の両方が大きく向上

触れたこともなかった Revit で実案件にBIM導入を決意

建築家・山形雄次郎氏が主催するヤマガタ設計(富山県高岡市)は、北陸から首都圏に至る各地で、さまざまな建築物の設計監理を請負っています。代表の山形氏は3D CADやCGソフトのヘビーユーザとしても知られ、山形雄次郎デジタルデザインの名称で3DやCGなどの啓蒙支援サービスも展開しています。特に3Dソフト SketchUp については造詣が深く、各地で講座や講演も開催しているほどです。

そんな山形氏がBIMに関心を持つようになったのは約1年前、2009年3月のことでした。

ヤマガタ設計 代表 山形雄次郎 氏

「きっかけは四国で開かれたある研究会のセミナーです。SketchUpを広めようと参加したんですが、そこでBIMを知り魅了されてしまったんです。丁度その時、基本構想段階だった共同住宅物件でRevitを使おう!といま思えば無謀ともいえる決意をしたんです(笑)」。

なんとBIMという言葉を初めて聞いた翌日に、3日間連続のRevitの操作トレーニングを予約。同時に少しでも設計を進めておこうと SketchUp を使い敷地の入力を開始したのです。斜線制限カゴ等を工夫しながら3Dモデル作りを始めました。

「先にイメージを固めておきたかったので、SketchUp のモデルで外観を検討したんですが、これが施主にも好評で、早くも3D効果を実感しましたね」。

やがて講習で一通り操作を学んだ同氏はRevitを実作業に投入しました。とはいえ設計工程に余裕がなく、Revit による作業も「最低限、平面だけでもいいから、できる範囲でRevitを使おう」と割り切って行っていきました。このことが功を奏し、全くのぶっつけ本番だったBIM設計を最後まで進めることができたといいます。

「部品を配置していくような感じのBIM設計は、2D設計とは全く違います。新形状の建具など課題もありましたが、基本設計の資料を作りやすく変更対応も容易で、当初からBIMの醍醐味を味わえました」。

こうして作った平面は同期データとして建具キープランや階段図内平面、法規チェックなどにフル活用。SketchUp で作った斜線制限3Dカゴは Revit に取込んで使うことができました。

「最終的には Revit の建築モデルをもう一度 SketchUp に戻して、施主へのプレゼンや施工会社との打合せにも活用できました。苦労しましたが、顧客や施工者との信頼関係向上は得がたい財産となりましたね」

建築家が選ぶべき「次の一手」は『BIM』と『地球環境問題』

こうして設計を終えた山形氏初のBIM物件は、4月の竣工を目指し順調に工事が進んでいます。現在も現場のある東京と高岡市を度々往復する山形氏は、Revit によるBIM設計から生まれるメリットについて、特に次のようなポイントを強調しています。

「斜線制限の確認など、素人にも分かる3Dでリアルタイムに行えるのは非常に効果的でした。またそれ以上に大きかったのが、Revit で作る多様な図面が常に同期され、どれか一つ変更しても食い違いが発生しない点です」。

無論BIM設計なら当然の効果だが、それが設計者に与える影響は想像以上に大きいと山形氏は語ります。各図面の連動により、整合性チェック等の“設計とは直接関係ない無駄な時間”を大幅に削減できたのです。

「BIMで行った設計の作業量は、Revit は初めてにも関わらず通常の2/3程度まで削減できました。結果として、それは非常に大きなコストダウンと品質向上に繋がったのです」。

すなわち、当初の計画では避けられないと考えていた意匠図の外注コストが一切発生せず、逆に余裕が生まれた作業時間を、純粋に設計そのものに注ぎ込むことができたのです。じっくりとアイディアを練り、試すことができたのはもちろん、煩雑な雑務から開放されたことで、クリエイターとしてのモチベーションも高く維持できたといいます。

「近年、設計者の作業量は増える一方です。誰もが目の前の仕事をこなすのに精いっぱいで、中々建築家として何をすべきか考える余裕が生まれないのが現状ではないかと思います。しかし、BIM設計で余裕が生まれれば、より良い建築を造るためのモチベーションを回復し、維持することができる。建築家に取ってそれがどれほど重要か、皆さんもお分かりでしょう?」。

厳しさを増す建築法規に増え続ける手間、削られる一方の工期に予算と、建築設計者を取り巻く環境は厳しさを増し続けています。そんななかでの“次の一手”は何なのでしょうか?

「BIMと地球環境問題がそれだ、と私は考えています。業界の流れがBIMへ向かうのは必然ですし、環境問題に対する関心の高まりはいうまでもありません。そしてBIMを使えば建築家もそこから生まれる精神的余裕から、法規制からくる形だけの緑化計画ではなく、心から地球環境のことを考えるようになってくるのではないか。この2つは意外なところで深くリンクしていると感じます。私自身もBIMの普及を積極的に支援したいと考え、活動を始めています。BIM、Revit、SketchUpなどに興味をお持ちの方は、ぜひ私のサイト【建築夢想】をご覧下さい!」

「確かにBIMは始まったばかりで、普及には多くの課題があると感じます。しかしそれらの改善が進むにつれ、建築界への浸透は確実に進むでしょう。では、2009年がBIM元年だったとすればその先はどうなるのか。大胆に予想すれば、5年後にはある程度普及して一般の認識も進み、10年後にはほとんどの建築設計者がBIMで設計しているでしょう。
――それは丁度手書きからCADに移行した時のように、一度味をしめるともう元には戻れません。まずはとにかくBIMに興味を持つこと。今年はそこから始めてほしいですね。」

プロジェクトプロフィール

名称:レジデンスAT新築工事
場所:東京都品川区
構造:鉄筋コンクリート壁式構造 4階建
延床:493.62m²
施主:(株)AT情報研
設計:ヤマガタ設計
施工:大友建設(株)


ギャラリー


会社プロフィール


ヤマガタ設計
オフィス:富山県高岡市
代表:山形雄次郎
設立:1996年
事業概要:建築設計監理、建築設計支援(3D・CG・BIM)
URL:【建築夢想】
http://yyamagata18.blog83.fc2.com/

【導入製品/ソリューション】
Autodesk Revit Architecture

【導入目的】
実案件でBIM設計の理念を実証するため
顧客満足度をアップさせるため

【導入ポイント】
世界で最もシェアが高いBIM製品であること
信頼する知人の勧め

【導入効果】
計画、検討時の作業効率の向上
リアルタイムな3Dプレゼンの威力
修整、変更時の革命的なスピードアップ
部屋面積自動集計による作業性向上
雑務から開放され高いモチベーションを維持
BIMの本格的展開へ向けた課題の確認

【今後の展開】
ボリューム検討など、より初期段階での活用
シミュレーション、分析など周辺業務との連携
新形状の建具の3D部品データの製作

top