Exension ダウンロード


Revit Extensionsとは?

Autodesk Revit 製品シリーズ、Autodesk Revit LT に対応した拡張機能ツール群で製品をより簡単に、有効にご利用いただくことができるようになります。 Revit Extensionsは、RUTSを除きサブスクリプション契約の特典として、サブスクリプションセンターまたはAutodesk Exchange Appsからダウンロードして、 インストールして頂けます。

サブスクリプション未契約の方はこちら

Revit お勧め Extensions

日本仕様

RC断面リスト作成

柱ファミリのうち下記の条件にあてはまるものについて、指定の構造平面ビューにRC柱断面リストを作成します。

・ファミリカテゴリが「構造柱」
・ファミリパラメータのうち、モデルのマテリアルが「コンクリート」

2014版はこちら
2015版はこちら

SS3 Link

Autodesk® Revit® → SS3

SS3へのモデル送信では、Revit2014の構造柱・構造フレーム(大梁)、小梁・床・壁・開口・ブレースの全体から、SS3入力CSVデータの建物形状データ、柱部材・梁部材の定義・配置情報、小梁・床・壁・開口・ブレースの定義・配置情報をSS3入力CSVファイルとして出力する機能となります。

SS3 → Autodesk® Revit®

SS3からのモデル読み込みでは、SS3入力CSVデータの建物形状データ、柱部材・梁部材の定義・配置情報、小梁・床・壁・開口・ブレースの定義・配置情報を読み取り、柱・大梁、小梁・床・壁・開口・ブレースをRevit2014のモデルとして生成する機能となります。

2014版はこちら
2015版はこちら

Revit 製品用 施工図・詳細図向けエクステンション

Revit で部分詳細・平面詳細図等の作成が簡単に作成できるようになります。

本エスクステンションには下記の機能が追加されています。
・建具開口自動欠き込み機能
・詳細寸法自動記入機能
・ 躯体増打ち機能

詳細はこちら

階高さ寸法配置

作成済みのレベル(階高)に対して、一括で割り振り寸法・合計寸法を配置できます。

注意点: 距離・合計値は実寸値であり、 尺度値ではないことに注意して下さい。

※当機能は、日本仕様Extensionの搭載機能です。

通り芯寸法配置

作成済みの通り芯に対して、一括で割り振り寸法・合計寸法を配置できます。

注意点:本機能は一方向のみに対して有効な機能となっているので、必ずX通り・Y通りと個々に設定を行ってください。 距離の値は、実寸値になりますので、尺度値ではないことを留意してください。

※当機能は、日本仕様Extensionの搭載機能です。

床配置

配置済みの構造体(梁)間に対して自動で床を配置します。

注意点:本機能は構造梁に対して対応しております。よって、構造体であっても、柱には対応しておりませんので、ご注意ください。

※当機能は、日本仕様Extensionの搭載機能です。

  • 1