土木・インフラ向け Home > BIM/CIM対応 製品 > AUTODESK® RECAP™

AUTODESK® RECAP™

リアリティ キャプチャで正確な 3D モデルを作成

AUTODESK® RECAP™

ReCap™ リアリティ キャプチャ ソフトウェアを使用すると、現況をデータ化して 3D モデルや 2D 平面図を作成し、さらなる設計に活用できます。

オンラインセミナー

点群データ活用や写真からモデル作成まで、ReCapを使いこなす(オンデマンド)
  • オンデマンド
  • オンライン
  • 無料

点群データ活用や写真からモデル作成まで、ReCapを使いこなす(オンデマンド)

AECコレクションにも含まれるReCapには、点群を扱うReCap Proと、写真から3Dモデルを作成するReCap Photoがあります。現場の状況を3Dスキャナーで取得した点群データをReCapで処理して他のオートデスク製品で活用したり、ドローンに搭載したカメラで撮影した複数の写真から3Dモデルを作成するReCap Photoを活用することで、ワークフローの中で現況の情報をすばやく取り込んで活用することができます。 本セミナーでは、ReCap ProおよびReCap Photoの基本的な使い方を最新情報を交えてご紹介します。
開催日時
オンデマンド配信

ReCap 機能紹介デモ

  • 1. 写真から3次元データ作成
    ドローンなどで取得した写真から3次元データを作成し、オートデスク製品に取り込みます。
  • 2. レーザースキャン点群とドローン点群を統合
    レーザースキャンで取得した点群データとドローンで撮影した写真から点群を作成して統合します。
  • 3. 土工管理ワークフロー
    ドローンとReCap、Civil3Dを活用した土工管理のワークフローをご紹介します。