RUGとは?

建設業界において、Revit を中心としたBIMを実務的に活用できるような活動を行い、その普及と展開を務める団体です。現在RUGでは、Revit-BIMによるワークフローのミッシングリンク(データ流通の血栓)を発見し、解決するためのタスクフォース活動を行っています。

活動報告

全体ワークフロー

全体ワークフロー

意匠、構造、設備の各ワークフローを統合し、日本のRevit−BIMにおけるデータ連携のミッシングリンクを見つけ出し、解決への意見交換を行う

意匠ワークフロー

意匠ワークフロー

意匠のミッシングリンク解決に向けて、日本のRevitユーザーが使える簡単なルールを共通化し、一つ一つ解決する

構造ワークフロー

意匠ワークフロー

構造設計に関わる情報をBIMに集めデジタルにつなぐ設計ワークフローを整備・更新する

設備ワークフロー

意匠ワークフロー
意匠ワークフロー

設備・電気設計に関わる情報をBIMに集めデジタルにつなぐ設計ワークフローを整備・検証し、ミッシングリンク解消に向けた課題の洗い出しを行う

構造WISH

構造設計に関わるRevitの要望事項を整理して、改善すべき点についてAutodesk社に具体的な提案を行う

意匠Extension検証

Revit Japan Standards Extensionを中心にアドインコマンドを再検証し、ユーザーにとって更に使い勝手が良い環境をAutodesk社と協力し提供する

構造Extension検証

構造設計に関わるエクステンションの機能検証と改善要望のまとめを行う

設備Extension検証

設備ワークフローで検証したミッシングリンク解消に必要となる、設備のRevitアドインコマンドをAutodesk社と協力し整備を行う

RevitMEPファミリ整備

国内でRevitMEPを活用できるように、日本の属性情報に準拠した汎用の設備ファミリをAutodesk社と協力し整備を行う

S・SRCリスト

Autodesk社の提供アドイン「S断面リスト」について、更なる使用性の向上を目指す。また、RevitとSRC断面リストの連携方法について検討を行う

構造Dynamo活用

グラフィカルプログラミングで構造設計者がRevitをより自由に幅広く使えるような方法を探る

地盤情報

地盤情報をRevitで活用するために、地盤モデルの仕様策定とモデル化方法の検討を行う

ST-BridgeLink

RevitとST-Bridgeの連携用Extensionツールの開発に向け、仕様策定とプログラムの検証作業を行う

ST-BridgeLinkファミリ作成

ST-BridgeLinkに必要なファミリの作成と提供を行う

SS3Linkエンハンス

SS3Linkのエンハンスのための仕様策定とプログラムの検証作業を行う

3D鉄筋作成

3D鉄筋作成のための仕様策定とプログラムの検証作業を行う