土木・インフラ向け Home
オートデスク BIM/CIM オンラインセミナー 国土交通省BIM/CIMの最新動向とオートデスクのBIM/CIMガイドブック

新着情報

RSS
2021年度『CIM塾』開講のご案内
〜教える者と学ぶ者が互いに切磋琢磨し合う緒方洪庵の「適塾」の志を伝える〜
2021 年 04 月 02 日

主催:大阪大学大学院工学研究科環境・エネルギー工学専攻環境設計情報学領域(矢吹研究室)
後援: (一財) 日本建設情報総合センター/ (一社) Civil ユーザ会

『CIM塾』基礎編(札幌・大阪・東京)
募集人員:各回15名
大阪:2021年6月10(木)〜11日(金)
東京:2021年6月29日(火)〜30日(水)
札幌:2021年7月12日(月)〜 13日(火)

『CIM塾』実践編
募集人員:10名(会場参加), 10名(web参加)
2021年7月19日(月)〜 20日(火)  10名(会場参加)/ 10名(web参加)

詳細はこちら

オートデスクの日
Otsuka & Autodesk Collaboration DAY “2021”
世界屈指のオートデスクパートナーがお客様に寄り添う、建設業・製造業”融合”セミナー
2021 年 04 月 01 日

【開催日時】
2021年5月13日(木) 10:00-17:00
5月14日から5月31日までアーカイブ配信をご覧いただけます。
オンライン
参加費:無料
参加方法:事前登録制
お申し込み・詳細はこちら

応用技術主催:Civil 3D オンライン 無料体験会(道路設計編)4月開催
2021 年 03 月 18 日

【開催日時】
2021 年 4 月 13 日(火) 13:30 - 15:30
2021 年 4 月 14 日(水) 13:30 - 15:30
2021 年 4 月 21 日(水) 13:30 - 15:30
2021 年 4 月 22 日(木) 13:30 - 15:30
詳細はこちら

応用技術主催:Dynamoを使った曲線橋梁の作成(オンデマンド)
2021 年 03 月 09 日

Civil 3Dの線形に沿った曲線橋梁作成を、Dynamoによって効率化する手順をテキスト2部構成で紹介します。
[曲線橋梁の作成1]では、上部工ファミリを作成し、[曲線橋梁の作成2]では、実際にCivil 3Dで作成した線形に合わせ、[曲線橋梁の作成1]で作成した上部工や下部工を配置します。順に作成する事によって、RevitでのモデリングをDynamoで自動化するための、基本的な操作を学習することができます。
セミナー動画では、テキストではわかりにくい操作やDynamoの動きについて確認することができます。

ご登録はこちら

大塚商会主催:建設業実践Web講座2021春 建設DX 〜建設業の持つさまざまな課題を建設DXで解決!〜
2021 年 03 月 08 日

【開催日時】
2021年4月15日(木) 9:45〜18:00
2021年4月16日(金) 9:45〜18:00
オンライン(全国どこでも参加可能)
配信環境:Zoom
詳細はこちら

トレーニング教材「CIM導入ガイドライン トンネル編」
2021 年 02 月 24 日

本テキストは、、国土交通省より 2018年3月に公開された「 CIM導入ガイドライン(案 第6編 トンネル 編)」に即したAutodesk製品の操作方法 及び データ作成手法について解説しています。測量成果を利用した詳細地形の作成方法や、Civil 3Dによるトンネルの作成手順、InfraWorkへの取り込み、Navisworksを利用したCIMモデルへの属性付与、電子成果品の納品手順、CIMモデル照査時チェックシートへの記載方法など一連の手順を解説します。

CIM導入ガイドライン「トンネル編」

Dynamoとは? Dynamo活用例 全2回(オンデマンド)
2021 年 02 月 17 日

ビジュアルプログラミングツール「Dynamo」を活用することで、何度も繰り返す作業を自動化したり、手作業では困難な形状を作成したりすることができます。

ご登録はこちら

トレーニング教材「ダム堤体モデリング(Civil 3D中級)・打設計画作成(Revit中級)」
2021 年 02 月 17 日

Civil3Dのコリドー機能で、ダム堤体の3Dモデルを作成します。
作成したダム堤体モデルを、Revitで打設計画ごとにパーツ分割し、コンクリート数量を算出します。

ダム堤体モデリング(Civil 3D中級)・打設計画作成(Revit中級)

AutoCAD LTからのステップアップ!初心者向けCivil3D活用講座 全5回(オンデマンド)
2021 年 02 月 05 日

オートデスクの建設向け製品には、AutoCADをベースに土木技術者向けの機能を搭載したCivil 3Dがあり、すでに多くのお客様にご活用頂いております。 本セミナーでは、これからCivil 3Dを使ってみようという方、最近使い始めた方といったビギナー向けに、Civil 3Dで何が出来るのか、どうやって使うのかをシリーズで解説して行きたいと思います。

ご登録はこちら

点群データ活用や写真からモデル作成まで、ReCapを使いこなす(オンデマンド)
2021 年 02 月 01 日

AECコレクションにも含まれるReCapには、点群を扱うReCap Proと、写真から3Dモデルを作成するReCap Photoがあります。現場の状況を3Dスキャナーで取得した点群データをReCapで処理して他のオートデスク製品で活用したり、ドローンに搭載したカメラで撮影した複数の写真から3Dモデルを作成するReCap Photoを活用することで、ワークフローの中で現況の情報をすばやく取り込んで活用することができます。
本セミナーでは、ReCap ProおよびReCap Photoの基本的な使い方を最新情報を交えてご紹介します。

ご登録はこちら