土木・インフラ向け Home > Autodesk Infrastructure Map Server 体験サイト

Autodesk Infrastructure Map Server 体験サイト

本サイトは、Autodesk Infrastructure Map Server を用いたウェブマッピングのデモンストレーションを体験頂くことができます。

上下水道、インフラの維持管理をITで効率化 AutoCAD Map 3Dで実現するアセットマネジメント

水道:災害時現場点検支援システム

OWGS災害情報システムは、災害時における様々な情報を効率的に収集し、その情報をGIS等の技術により可視化することにより、復旧活動に貢献することを目的としています。
災害用途のみでなく、施設や管路の点検報告など、日常業務にもお使いいただけます。
クラウド技術とスマートフォンを活用することにより、「低コスト」「高可用性」「使いやすい」を実現しました。カスタマイズは柔軟に行えるので、他のシステムと連携することも可能です。

提供:株式会社 大阪水道総合サービス

上下水道、インフラの維持管理をITで効率化 AutoCAD Map 3Dで実現するアセットマネジメント

図面管理システム

図面ファイル(DWF 及び DWG)を登録 (2MB 以下)・管理でき、背景地図上に DWF ファイルを重ねて表示ができます。 タイトルや登録日付から図面検索が可能で、異なる座標系の DWF ファイルでも、経緯度座標系もしくは平面直角座標系で地図表現できます。(デモシステムのため登録したデータは他のユーザにも公開され閲覧・削除が可能となりますのでご注意ください)

地理空間情報流通実験 WMS/WFS データ公開デモシステム

地理空間情報流通実験 WMS/WFS データ公開デモシステム

地理空間情報流通実験コンソーシアム データ利活用に関わる実験として、オートデスクでは実験データを使った WMS/ WFS データ公開を行っています。 AutoCAD Map 3D や AutoCAD Civil 3D では WMS/ WFS データをこのデモシステムから直接取り込み、CAD 図面として利活用することが可能です。

鉄道施設管理デモシステム

鉄道施設管理デモシステム

さまざまな鉄道施設を地図上に表現し、施設の保守点検業務に活用するためのデモシステムです。 設備図など一般図面とのリンクなどを実現しています。

提供:ジェイアール東日本コンサルタンツ株式会社

電力系統モデル

電力系統モデル

広域インフラの 1 つである電力設備を Autodesk Infrastructure Map Serverで表現した架空の電力系統モデルです。 発変電所や架空・地中送電線、送電鉄塔の設備シンボル・ポリラインに加え、電力供給エリアなどのポリゴンも表現。将来に向けた電力潮流シミュレーションが体験できます。

データ設計・作成協力:東電設計株式会社

ケーブルテレビ施設管理デモシステム

ケーブルテレビ施設管理デモシステム

ケーブルテレビなどの同軸ケーブル・光ケーブルの施設管理業務や加入者管理業務など技術部から営業管理部まで社内の情報共有から業務効率化まで実現できるシステムとなっています。 加入者管理 DB と連携する事で顧客管理に有効なシステムとなります。

*デモ版のため、住所・名前などから建物検索表示は起動しません。 (使用している地図の著作権は株式会社ゼンリンに帰属しております 2002 年度 ZMAP-TOWN? 東京都中央区の一部を利用、本システム評価以外での地図印刷は不可とします)

提供:東洋紡エンジニアリング株式会社

リニューアル中
英語版体験サイト

英語版体験サイト

Autodesk Infrastructure Map Serverの英語版体験サイトです。以下のデモを体験いただけます。
・Bing Mapsを背景とした体験デモ(Flexible Web Layouts Using Bing Maps)
・Open Street Mapを背景とした体験デモ(Flexible Web Layouts using Open Street Maps)
・ERDAS Imageを背景とした体験デモ(ERDAS Image Web Server Integration Demo)
・Google Earthとの連携デモ(Publish to Google Earth)
・水道管理体験デモ(Utility Map)
・下水道管理体験デモ(Storm Facilities Management)
・配電管理体験デモ(Electric Map)
・地番管理体験デモ(Land Records Online)
・カスタムシンボルを使ったデモ(Custom Symbology using Flexible Web Layouts)

top
導入をご検討の皆さまへ