Home > BIMお勧め情報 > vol.2 平、立、断の図面の食い違いをなくしたい

建築設計者のためのRevit活用術

vol.2 平、立、断の図面の食い違いをなくしたい

図面の不整合による構造欠陥は起こらないか
Revitなら構造図と断面リストも完全に一致

もし、構造図の符号と断面リストが合っていなかったりすると、構造計算に合わない建物が出来上がってしまい、建物の安全性に大きな影響を与えます。図面の符号ひとつが違っていただけで、強度不足の欠陥建物ができてしまっては大変です。

BIM対応の建築用3次元CAD「Revit」を使うと、通芯も唯一無二の「ファミリ(部材の属性情報を持った3次元CAD部品)」として扱われ、その符号や柱の寸法、鉄筋量や鉄筋径などは、すべての図面に自動的に反映されます。Revitなら、図面の不整合による構造欠陥が起こる心配もありません。

Revitで作成した意匠設計モデルから構造図を作成する方法

top
導入をご検討の皆さまへ