土木・インフラ向け Home > イベント・セミナー案内

イベント・セミナー案内

BIM/CIM Autodesk Civil 3D 入門(道路編) 無料体験会
  • オートデスク主催
  • 無料

BIM/CIM Autodesk Civil 3D 入門(道路編) 無料体験会

オートデスクの 土木3次元設計CAD Autodesk Civil3D を使って、BIM/CIM, i-Construction を始めるための基本操作を習得する無料体験会を開催します。 これから CIMに対応しようと考えられている方に最適な内容となっています。是非ご参加ください。

【主な学習内容】
・Autodesk Civil 3D の基本操作
・地形サーフェスの作成
・平面線形、縦断図、横断図の作成、土量算出など
道路設計を主とした操作を体験することができます

定 員: 先着10名 から 15名
講 師:CUG 認定インストラクター、オートデスク エキスパートエリート

<福岡>

開催日時
2019 年 7月 19日(金)13:30 - 17:00 ( 13:15 より受付開始)
開催場所

アクロス福岡 会議室503
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-1-1

<東京>

開催日時
2019 年 8 月 1日(木)13:30 - 17:00 ( 13:15 より受付開始)
開催場所

オートデスク トレーニングルーム

<広島>

開催日時
2019 年 8 月 8 日(木)13:00 - 16:30 ( 12:45 より受付開始)
開催場所

広島オフィスセンター 第9会議室
〒732-0805 広島県広島市南区東荒神町3-35

今から学ぼうBIM/CIMとは? No.1、No.2<オンライン>
  • Civil User Group 共催
  • オートデスク主催
  • オンライン

今から学ぼうBIM/CIMとは? No.1、No.2<オンライン>

さぁ新年度!今から学ぼうBIM/CIMとは? No.1 ~ 生産性向上と働き方改革の切り札として~
主催:オートデスク株式会社  共催:Civil User Group
これからBIM/CIMに取り組むにあたってBIM/CIMの基礎的な考え方やこれまでの経緯、国内外の動向やそれら対応したオートデスクソリューションの概要、受注者の立場からBIM/CIMの推進に取り組んでいるCivil User Groupの活動内容をご紹介します。

さぁ新年度!今から学ぼうBIM/CIMとは? No.2~BIM / CIMを社内で推進するには?~
主催:オートデスク株式会社  共催:Civil User Group
本セミナーでは、社内でのBIM/CIM推進の取り組みを始める会社のご担当者の皆様 の参考となるよう、発注者として国土交通省が進めている職員向けのBIM/CIM 教育や先進企業の取り組みなどの事例を紹介します。

右下の「詳細はこちら」よりご登録いただくと、セミナー動画の閲覧と説明資料をダウンロードすることができます

Autodesk Solutionで行う地盤BIM/CIMモデル活用講座
  • 参加費無料
  • 大塚商会主催

Autodesk Solutionで行う地盤BIM/CIMモデル活用講座

「GEORAMA」「Civil 3D」などを使って地質・土質分野に特化した3次元モデル活用方法をお届けします

国土交通省が推進しているBIM/CIM、i-Constructionが年々建設業界に浸透してきており、ますます3Dモデルの要求が高まっています。そこで今回は、どの工種でも関係してくる地盤の3次元モデル(BIM/CIMモデル)にスポットを当てて建設コンサルタント様やゼネコン様などを対象にセミナーを企画しました。

2社の大手建設コンサルタント様にご登壇いただき、3D地質モデルの活用効果や作成するにあたっての注意点や問題点などの事例をご紹介いただきます。その他、「Autodesk Civil 3D」、「InfraWorks」、および「Civil 3D」のアドオンの3次元地盤地質作成ソフト「GEORAMA」を使って具体的な活用方法などをまるごとご覧いただき、地盤モデルの活用イメージがつく内容です。BIM/CIM業務を既に対応されている方、これから対応していこうと考えている方にとって有意義な内容ですので、ぜひご参加ください。

開催日時
2019年7月5日(金) 13:00 - 17:00 (受付開始 12:30)
開催場所

株式会社大塚商会 本社ビル 3F
東京都千代田区飯田橋2-18-4

「技術者自身が3D設計しなければ、アイデアは生まれない」八千代エンジニヤリングが BIM/CIM に取り組む5つの理由

「技術者自身が3D設計しなければ、アイデアは生まれない」八千代エンジニヤリングが BIM/CIM に取り組む5つの理由

八千代エンジニヤリングは、国土交通省が推進する「i-Construction」施策よりも早く、2005年度にオートデスクの土木用3次元CAD「AutoCAD Land Development Desktop」(当時)を導入し、3D設計を始めた。現在では約800人の技術者の4割に当たる380ライセンスものBIM/CIMソリューション「AEC Collection」を導入し、様々な分野の技術者が自ら、3D設計に取り組んでいる。同社代表取締役社長 執行役員の出水重光氏に「BIM/CIMに取り組む5つの理由」を直撃取材した。
【CIM実践講座】「Civil 3D」ユーザー必見! 日本仕様特化プログラム利用法
  • オンラインセミナー
  • 大塚商会主催
  • 無料

【CIM実践講座】「Civil 3D」ユーザー必見! 日本仕様特化プログラム利用法

初めて「Civil 3D」を使う人も、既に使っている人も

CIM定番ソフト「Civil 3D」のワンポイント活用法をご紹介します。

締め切り日:2019年6月18日(火) 13:00まで
講師:草野 多恵 氏

開催日時
2019 年 6 月 20 日(木)13:00 - 14:00
開催場所

オンライン(全国どこでも参加可能)

【CIM導入ナビ】CIM対応への準備はじめていますか?
  • 大塚商会

【CIM導入ナビ】CIM対応への準備はじめていますか?

国土交通省のまとめたロードマップ案では、2016年度までにCIMの実用化を進めるとされています。2012年4月に構想を発信して以来、これまでにない早さでCIMの推進を図っています。
CIM導入ナビでは、これからCIM対応をはじめる方に向けて役立つ情報をご用意しました。
http://www.cadjapan.com/topics/cim/

CIM対応ソリューションの研修も充実しています!
http://www.cadjapan.com/topics/cim/training/index.html

「CALS Toolsで簡単!AutoCADの電子納品」 スクール 公共事業の電子納品図面作成に苦労している方にお勧めです!
  • 大塚商会

「CALS Toolsで簡単!AutoCADの電子納品」 スクール 公共事業の電子納品図面作成に苦労している方にお勧めです!

LT Civil Suite をお持ちのお客様、Subscription特典でAutodesk CALS Toolsをダウンロードしたけれど・・・ 「使い方がよくわらなくて使っていない。」 「SXFの単純な変換でしか使っていない。」 「様々な発注者の基準に対応したい。」 そんな方々に、『CALS Tools で簡単!AutoCADの電子納品』コースをご用意しました。 3時間で、納品作業に必要な、レイヤ振り分け、製図基準チェック、SXF図面への変換に必要なポイントを学習いただけます。

★大塚商会のウェブサイト『CADJapan.com』では、コース内容を動画でご覧いただけます。
http://www.cadjapan.com/school/autocad/list.html#course8
※定期開催はしておりません。企業様単位で承りますので金額・日程についてはお問合せください。

有料・無料:有料 (お問い合わせください。)

要求参加者スキル:中級