土木・インフラ向け Home > イベント・セミナー案内

イベント・セミナー案内

Autodesk Civil 3D 入門(用地造成編)無料体験会
  • オートデスク主催
  • 無料

Autodesk Civil 3D 入門(用地造成編)無料体験会

用地造成の専門機能グレーディングについて習得できます。土量バランスを計算して最適値を求めるなど造成機能の基本や、コリドーや計画線を活用した造成のための手法を体験できます。

【主な学習内容】
・Civil3D グレーディングの基本
・法小段作成/法面面取り処理/法面留継ぎ処理/計画線からコリドー

参加費:無料
定 員:先着10名様(事前申込制)
講 師:CUG 認定CIMインストラクター、オートデスク エキスパートエリート

<福岡>

開催日時
2019 年 9 月 5 日(木)13:00 - 16:30 ( 12:45 より受付開始)
開催場所

アクロス福岡 会議室 604

<福岡>

開催日時
2019 年 9 月 6 日(金)13:00 - 16:30 ( 12:45 より受付開始)
開催場所

アクロス福岡 会議室 604

<大阪>

開催日時
2019 年 9 月 12 日(木)13:30 - 17:00 (13:15 より受付開始)
開催場所

オートデスク大阪営業所

<大阪>

開催日時
2019 年 9 月 13 日(金)13:30 - 17:00 (13:15 より受付開始)
開催場所

オートデスク大阪営業所

【BIM/CIM実践講座】「BIM 360」で効率的なプロジェクトコラボレーションを実現
  • オンラインセミナー
  • 大塚商会主催
  • 無料

【BIM/CIM実践講座】「BIM 360」で効率的なプロジェクトコラボレーションを実現

「Autodesk BIM 360」は建築・建設・土木プロジェクトライフサイクルを通じて、社内外の関係者をつなげる統合プラットフォームです。「Revit」「AutoCAD」「InfraWorks」などで作成されたプロジェクトデータを「BIM 360」と連携させ、効率的にプロジェクト関係者とコラボレーションを行ううえでの、「BIM 360」の各サービスの特長と活用方法を、デモンストレーションを交えてご紹介します。
開催日時
2019年7月23日(火) 13:00 - 14:00
開催場所
オンライン(全国どこでも参加可能)
【CIM実践講座】オートデスクと「ArcGIS」で実現! 地理空間情報の3D活用法
  • オンラインセミナー
  • 大塚商会主催
  • 無料

【CIM実践講座】オートデスクと「ArcGIS」で実現! 地理空間情報の3D活用法

土木CADスタンダードのオートデスク製品、GISグローバルスタンダードの「ESRI ArcGIS」。両社の3D機能が近年さらに強化され、3D地図表現から3Dデータの作成、解析、共有までに対応した高ポテンシャルなプラットフォームになっています。CADはCAD屋、GISはGIS屋という旧来の意識を変えるものがそこにはあります。オートデスク製品を知り尽くした大塚商会と、ESRIジャパン株式会社がそのパフォーマンスをお見せします。
開催日時
2019年7月25日(木) 13:00 - 14:00
開催場所
オンライン(全国どこでも参加可能)
BIM/CIM Autodesk Civil 3D 入門(道路編) 無料体験会
  • オートデスク主催
  • 無料

BIM/CIM Autodesk Civil 3D 入門(道路編) 無料体験会

オートデスクの 土木3次元設計CAD Autodesk Civil3D を使って、BIM/CIM, i-Construction を始めるための基本操作を習得する無料体験会を開催します。 これから CIMに対応しようと考えられている方に最適な内容となっています。是非ご参加ください。

【主な学習内容】
・Autodesk Civil 3D の基本操作
・地形サーフェスの作成
・平面線形、縦断図、横断図の作成、土量算出など
道路設計を主とした操作を体験することができます

定 員: 先着10名 から 15名
講 師:CUG 認定インストラクター、オートデスク エキスパートエリート

<広島>

開催日時
2019 年 8 月 8 日(木)13:00 - 16:30 ( 12:45 より受付開始)
開催場所

広島オフィスセンター 第9会議室
〒732-0805 広島県広島市南区東荒神町3-35

今から学ぼうBIM/CIMとは? No.1、No.2<オンライン>
  • Civil User Group 共催
  • オンライン
  • オートデスク主催

今から学ぼうBIM/CIMとは? No.1、No.2<オンライン>

さぁ新年度!今から学ぼうBIM/CIMとは? No.1 ~ 生産性向上と働き方改革の切り札として~
主催:オートデスク株式会社  共催:Civil User Group
これからBIM/CIMに取り組むにあたってBIM/CIMの基礎的な考え方やこれまでの経緯、国内外の動向やそれら対応したオートデスクソリューションの概要、受注者の立場からBIM/CIMの推進に取り組んでいるCivil User Groupの活動内容をご紹介します。

さぁ新年度!今から学ぼうBIM/CIMとは? No.2~BIM / CIMを社内で推進するには?~
主催:オートデスク株式会社  共催:Civil User Group
本セミナーでは、社内でのBIM/CIM推進の取り組みを始める会社のご担当者の皆様 の参考となるよう、発注者として国土交通省が進めている職員向けのBIM/CIM 教育や先進企業の取り組みなどの事例を紹介します。

右下の「詳細はこちら」よりご登録いただくと、セミナー動画の閲覧と説明資料をダウンロードすることができます

「技術者自身が3D設計しなければ、アイデアは生まれない」八千代エンジニヤリングが BIM/CIM に取り組む5つの理由

「技術者自身が3D設計しなければ、アイデアは生まれない」八千代エンジニヤリングが BIM/CIM に取り組む5つの理由

八千代エンジニヤリングは、国土交通省が推進する「i-Construction」施策よりも早く、2005年度にオートデスクの土木用3次元CAD「AutoCAD Land Development Desktop」(当時)を導入し、3D設計を始めた。現在では約800人の技術者の4割に当たる380ライセンスものBIM/CIMソリューション「AEC Collection」を導入し、様々な分野の技術者が自ら、3D設計に取り組んでいる。同社代表取締役社長 執行役員の出水重光氏に「BIM/CIMに取り組む5つの理由」を直撃取材した。
【CIM導入ナビ】CIM対応への準備はじめていますか?
  • 大塚商会

【CIM導入ナビ】CIM対応への準備はじめていますか?

国土交通省のまとめたロードマップ案では、2016年度までにCIMの実用化を進めるとされています。2012年4月に構想を発信して以来、これまでにない早さでCIMの推進を図っています。
CIM導入ナビでは、これからCIM対応をはじめる方に向けて役立つ情報をご用意しました。
http://www.cadjapan.com/topics/cim/

CIM対応ソリューションの研修も充実しています!
http://www.cadjapan.com/topics/cim/training/index.html

「CALS Toolsで簡単!AutoCADの電子納品」 スクール 公共事業の電子納品図面作成に苦労している方にお勧めです!
  • 大塚商会

「CALS Toolsで簡単!AutoCADの電子納品」 スクール 公共事業の電子納品図面作成に苦労している方にお勧めです!

LT Civil Suite をお持ちのお客様、Subscription特典でAutodesk CALS Toolsをダウンロードしたけれど・・・ 「使い方がよくわらなくて使っていない。」 「SXFの単純な変換でしか使っていない。」 「様々な発注者の基準に対応したい。」 そんな方々に、『CALS Tools で簡単!AutoCADの電子納品』コースをご用意しました。 3時間で、納品作業に必要な、レイヤ振り分け、製図基準チェック、SXF図面への変換に必要なポイントを学習いただけます。

★大塚商会のウェブサイト『CADJapan.com』では、コース内容を動画でご覧いただけます。
http://www.cadjapan.com/school/autocad/list.html#course8
※定期開催はしておりません。企業様単位で承りますので金額・日程についてはお問合せください。

有料・無料:有料 (お問い合わせください。)

要求参加者スキル:中級