土木・インフラ向け Home > トレーニング教材 > Autodesk InfraWorks トレーニング教材
Autodesk InfraWorks トレーニング教材

Autodesk InfraWorks トレーニング教材

InfraWorks トレーニング

InfraWorksの下記トレーニング テキスト・データセットをダウンロードすることができます。
InfraWorks 体験版と併せてご利用ください。

ツール名 概要 ファイル
1. InfraWorks 2020 トレーニング 基礎編
2020年2月掲載
InfraWorks は、誰もがイメージしやすい現況地形モデルをベースに 3 次元設計を行う事が出来るツールです。作成したモデルを利用して、アニメーションやシュミレーション等を誰もが簡単に作成できるよう、様々な機能が用意され ています。CIM においては、広域統合モデルを作成できるソフトであり、Civil 3D や Revit だけでなく、様々な形式のデータを統合する事ができます。 このテキストでは、現況地形作成からデータ共有するまでの InfraWorks の基本操作について説明します。 text テキスト概要を見る
2. InfraWorks 日本仕様トレーニング
2020年4月掲載
InfraWorksは、CIM における広域統合モデルを作成できるソフトウェアです。 Revit や Civil 3D で作成したモデルを統合するだけでなく、InfraWorks の中でモデルを作成することも可能です。 その場合、InfraWorks 日本仕様を使うと、より日本の設計基準や景観に合わせたモデルが作成できるようになります。
本テキストでは、日本仕様の読み込み、使い方、作り方について説明しています。
text テキスト概要を見る
3.InfraWorks 2019 トレーニング 基礎編
2019年3月掲載
InfraWorks は、事業計画や予備設計案の作成、評価、プレゼンテーションを支援するコンセプトデザインツールです。3Dモデルで再現した地形に航空写真が挿入されていますので、誰もがイメージしやすい現況地形モデルを作成する事が出来ます。この現況地形モデルに、 Revit で作成した構造物や Civil3D で作成した計画案を挿入すると、様々な統合モデル(BIM/CIMの広域統合モデルとしても使用可)を作成する事ができ、作成したモデルを利用して、アニメーションや日影解析を行う事ができます。
本テキストでは、現況地形作成からデータ共有までの一連の操作について説明しています。
text テキスト概要を見る video 参考手順(動画)を見る

オンラインセミナー

応用技術主催 CIMセミナー InfraWorks 活用術(1)
  • オンライン
  • 応用技術主催
  • 無料

InfraWorksを使用する際の効率化のためのちょっとしたテクニックやInfraWorksの便利な機能、表現方法をご紹介します。(操作動画・テキスト・データセット有)

詳細はこちら
応用技術主催CIMセミナー InfraWorks 基礎編
  • オンライン
  • 応用技術主催
  • 無料

現況地形を作成し、道路設計を行う手順を紹介します。(操作動画・テキスト・データセット有)

詳細はこちら

バージョン2019

テーマ 概要 ファイル
基礎編
2018年8月掲載
Autodesk InfraWorks セルフトレーニングテキスト

バージョン2018

テーマ 教材名 ファイル
基礎編 Autodesk InfraWorks セルフトレーニングテキスト

バージョン--

テーマ 教材名 ファイル
テクニック集 Autodesk InfraWorks 360 テクニック集

バージョン2017

テーマ 教材名 ファイル
基礎編 Autodesk InfraWorks 360 セルフトレーニングテキスト
データ連携 セルフトレーニングテキスト (データ連携)

バージョン2016

テーマ 教材名 ファイル
基礎編 Autodesk InfraWorks 360 セルフトレーニングテキスト
データ連携 セルフトレーニングテキスト (データ連携)

バージョン2015

テーマ 教材名 ファイル
基礎編 Autodesk InfraWorks 360 セルフトレーニングテキスト
データ連携 セルフトレーニングテキスト (データ連携)

バージョン2014

テーマ 教材名 ファイル
基礎編 Autodesk InfraWorks 360 セルフトレーニングテキスト