土木・インフラ向け Home > トレーニング教材 > Autodesk Revit トレーニング教材
Autodesk Revit トレーニング教材

Autodesk Revit トレーニング教材

バージョン2020

テーマ 教材名 ファイル
RevitモデルのCivil3D/InfraWorksへの配置方法(2種)
2019年10月掲載
方法1:Geo-Referenceを用いたRevitモデルの配置方法
Revit2018から拡張されたCADリンク機能によって、Civil3Dで作成されたDWGデータから直接座標情報を取得し、Revitで設計した構造物や建物に正しい位置情報を与えることができます。
方法2:Shared Reference Pointを用いたRevitモデルの配置方法
Civil3Dで設定した位置と標高を外部ファイル(XML)として書出し、Revitに取り込む事でRevitで設計した構造物や建物のデータに正しい位置情報を与えることができます。
トレーニングテキスト 一般橋梁編
2019年8月掲載
Autodesk Revit 2020で、地形に基づいて橋梁を作成します。初めて操作する方向けに、Revitの基本的なモデリング手順を体験することができます。

バージョン2019

テーマ 教材名 ファイル
擁壁・配筋編
2018年8月掲載
トレーニングテキスト 土木基礎編(擁壁・配筋)
橋脚・配筋編
2018年8月掲載
セルフトレーニングテキスト 土木編中級(橋脚・配筋図)
一般橋梁編
2018年8月掲載
セルフトレーニングテキスト (一般橋梁編)

バージョン2017

テーマ 教材名 ファイル
擁壁・配筋編 トレーニングテキスト 土木基礎編(擁壁・配筋)
橋脚・配筋編 セルフトレーニングテキスト 土木編中級(橋脚・配筋図)
一般橋梁編 セルフトレーニングテキスト (一般橋梁編)

バージョン2016

テーマ 教材名 ファイル
擁壁・配筋編 トレーニングテキスト 土木基礎編(擁壁・配筋)
橋脚・配筋編 セルフトレーニングテキスト 土木編中級(橋脚・配筋図)
一般橋梁編 セルフトレーニングテキスト (一般橋梁編)

バージョン2015

テーマ 教材名 ファイル
擁壁・配筋編 トレーニングテキスト 土木基礎編(擁壁・配筋)
橋脚・配筋編 セルフトレーニングテキスト 土木編中級(橋脚・配筋図)
一般橋梁編 セルフトレーニングテキスト (一般橋梁編)

バージョン2014

テーマ 教材名 ファイル
橋脚・配筋編 セルフトレーニングテキスト 土木編中級(橋脚・配筋図)
一般橋梁編 セルフトレーニングテキスト (一般橋梁編)