AU2023から読み解く建設DXの現在地

今年も11月に開催されたAutodesk University 2023(AU2023)では、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界各国からの建設DXに関する最新の取り組みが紹介されました。またオートデスク社からも「Autodesk AI」をはじめとする多くの革新的な発表が行われました。特にクラウドサービスなど新しいサービスの利用が新型コロナウイルス感染症の影響などで加速したことで、労働環境のデジタル化はおおきく進みました。このセミナーでは、AU2023での重要な発表、欧米企業の事例、そしてAutodeskが展開する「Autodesk AI」やプラットフォームの将来ビジョンを掘り下げてご紹介します。

<こんな方におすすめ>
以下のいずれかにあてはまる方は、建設業に関わらず是非ご参加ください。
・ DX推進の役割を担う方
・DXにおいてデータベースや情報活用がどのように重要となるか理解したい方
・オートデスクのプラットフォーム戦略に興味のある方

<講師>
オートデスク株式会社 技術営業本部 建設・土木ソリューションエンジニア / DXスペシャリスト 石川 翔平

<開催概要>
・開催形式:オートデスクオンラインセミナー(Zoom)
・参加費:無料(事前登録制)
・主催:オートデスク株式会社


資料のダウンロード
https://bim-design.com/infra/assets/file/seminar_au2023_dx.pdf

ご質問と回答
https://bim-design.com/infra/assets/file/seminar_au2023_dx_qa.pdf

過去のセミナー

ディスプレイ業・設計事務所/設計-施工におけるBIM活用事例のご紹介 - 丹青社

大林組様公開「Smart BIM Standard®」ご紹介セミナー

建築BIM加速化事業 (国費80億円) 活用オンラインセミナー

BIM・建設DX製品 無償体験版

オートデスク 製品を30日間無償でお試しいただけます。