土木・インフラ向け Home > CIM/i-Construction を支援するオートデスクソリューション
i-Construction イメージ

CIM / i-Construction

〜ICT土木施工に必須のi-Constructionに対応する〜

CIM / i-Construction

国土交通省は「土工へのICT(情報通信技術)の全面的な活用」「コンクリート工の規格標準化など全体最適の導入」「施工時期の平準化」という3つの施策をトップランナーと位置付け、i-Constructionとして強力に推進しています。2017年3月にはCIM導入ガイドラインも公開されました。この導入ガイドラインでは、i-Constructionの業務も含め、土工(道路、河川)、河川、橋梁、ダム、トンネルなどでのCIMモデル活用方法が掲載されています。また地方自治体の導入などこれまで以上に進められます。
このCIM/i-Construction業務を支援するオートデスクの建設・土木業界向けソリューションをご確認ください。

CIM / i-Construction 関連情報

CIM / i-Construction 対応オートデスク製品

ARCHITECTURE, ENGINEERING & CONSTRUCTION COLLECTION

AUTODESK
ARCHITECTURE, ENGINEERING & CONSTRUCTION COLLECTION

CIM / i-Construction を支援する 建設・土木業界向け コレクション

含まれる主なソフトウェア
Autodesk Civil 3D

Autodesk Civil 3D

土木設計・施工のための
3次元CAD

Autodesk Recap 360

Autodesk Recap 360

点群データ編集/2D写真から
3Dモデル

Autodesk InfraWorks

Autodesk InfraWorks

現況3D モデルから
設計・管理

Autodesk NavisWorks

Autodesk NavisWorks

4D シミュレーションと
干渉チェック

Autodesk Revit

Autodesk Revit

土木構造物設計・
鉄筋干渉チェック

イベント

オートデスク 建築・建設・土木インフラ 製品発表会
  • 無料

オートデスク 建築・建設・土木インフラ 製品発表会

オートデスクの 建築・建設・土木インフラ最新ソリューションをご紹介します。BIM、CIM/i-con にご利用いただけるオートデスク ソリューションの最新情報とお客様事例をご紹介致します。

・オートデスクのCIM/i-con向けソリューションのご紹介
・国土交通省CIMへの対応について
・オートデスクのBIM向けソリューションのご紹介
・お客様活用事例

福岡

開催日時
2018 年 6 月 15 日 (金) 13:00 - 16:30 ( 12:30 より受付開始)
開催場所
アクロス福岡セミナー室2 (福岡県福岡市中央区天神1丁目1番1号)

札幌

開催日時
2018 年 6 月 20 日 (水) 13:00 - 16:30 ( 12:30 より受付開始)
開催場所
ACU-A 1605 (札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45 16F)
Civil3D ハンズオンセミナー
  • オートデスク主催
  • 無料

Civil3D ハンズオンセミナー

オートデスクの土木3次元設計Civil 3Dでどんなことができるのか? 実機で操作する無料体験会を開催します。これから CIMに対応しようと考えられている方に最適な内容となっています。是非ご参加ください。

【主な学習内容】
・AutoCAD Civil 3D の基本操作
・地形サーフェスの作成
・平面線形、縦断図、横断図の作成、土量算出など

定 員: 先着10名様
講 師: CUG認定インストラクター
会 場: オートデスク本社 セミナールーム

開催日時
2018 年 7月 4 日(水) 13:30 - 17:00 ( 13:15 より受付開始)
開催日時
2018 年 7月 17 日(火) 13:30 - 17:00 ( 13:15 より受付開始)
開催日時
2018 年 7月 20日(金)13:30 - 17:00 ( 13:15 より受付開始)

オンラインセミナー

【CIM実践講座】CIM導入ガイドラインに対応するためのAutodeskソリューションをおすすめするポイント
  • オンラインセミナー
  • 大塚商会主催
  • 無料

【CIM実践講座】CIM導入ガイドラインに対応するためのAutodeskソリューションをおすすめするポイント

これからCIMを検討する方におすすめです
CIM導入ガイドライン改訂版に対応するためのAutodesk最新ソリューションをご紹介します。
開催日時
2018 年 6 月 21 日(木) 13:00 - 14:00
CIM導入ガイドライン実践講座
  • オンデマンド配信
  • 応用技術・オートデスク共催
  • 無料

CIM導入ガイドライン実践講座

Autodesk製品を用いた三次元設計データ作成手順をお示しするとともに並行して「CIM導入ガイドライン」に記載されている注意点・重要ポイントを分かりやすくお伝えいたします。

プログラム
1. CIM導入ガイドラインの概要
2. 三次元設計データ作成におけるCIM導入ガイドラインのポイント
3. 質疑応答

BIM/CIMデータを使い倒そう!Autodesk Forgeで創る次世代のBIM/CIM環境
  • オンデマンド配信
  • 応用技術・オートデスク共催
  • 無料

BIM/CIMデータを使い倒そう!Autodesk Forgeで創る次世代のBIM/CIM環境

世界の動向は、BIM/CIMデータを活用することで生産性を向上させることに主体が移りつつあります。そのためには、BIM/CIMソフトの使用機会は少ないが、生産に携わる人々にいかにデータを活用して頂くかが重要な課題となります。その切り札となるのがAutodesk FORGEです。日本で初めてFORGE System Integratorに認定された応用技術が事例を交えながらノウハウを説明致します。

プログラム
1. Non BIMユーザ及びForgeの定義
2. 生産現場にBIMを普及させる為のアイデア
3. 事例を交えたForge活用
4. 質疑応答

CIM導入ガイドラインのための オートデスクソリューション - 土工編 (土工管理、河川土工)
  • WEBセミナー
  • オートデスク主催
  • オンデマンド配信
  • 無料

CIM導入ガイドラインのための オートデスクソリューション - 土工編 (土工管理、河川土工)

本セミナーでは、CIM導入ガイドラインとオートデスク製品の位置づけ、およびCIM導入ガイドラインの土工についてご紹介します。土工管理編として、ReCap や Civil3D を使った土工管から、様々なデータを InfraWorks へ取り込んで CIM統合モデルを作成する一連の操作方法をご紹介します。また、河川土工編として、河川土工で必要な3次元モデルと作成方法をデモでご紹介します。
CIM導入ガイドラインのための オートデスクソリューション〜全体編〜
  • WEBセミナー
  • オートデスク主催
  • オンデマンド配信
  • 無料

CIM導入ガイドラインのための オートデスクソリューション〜全体編〜

CIM導入ガイドラインのための オートデスクソリューション - 全体編 CIMガイドラインで各工種において求められている3Dモデルや必要情報は、Autodesk製品の「Civil 3D」、「Revit」、「InfraWorks」、「Navisworks」を使うことで対応することができます。本セミナーでは、各工種で必要となる3次元モデル、情報をどのオートデスク製品でどのように作成、対応するのかをご説明します。
オートデスク CIM / i-Construction WEBセミナーAutoCAD Civil 3D 徹底解説
  • WEBセミナー
  • オートデスク主催
  • オンデマンド配信
  • 無料

オートデスク CIM / i-Construction WEBセミナーAutoCAD Civil 3D 徹底解説

AutoCAD Civil 3Dは、点群や様々なインフラデータから3次元データの作成や、道路、河川、用地設計、縦横断図作成など、土木・インフラ設計に必要な情報や図面を作成します。この 3D土木CADの機能を徹底解説します。これまでの2D設計との違い、見える化、効率性をご確認ください。

操作マニュアル

CIM / i-Consruction に対応した操作マニュアル及びデータセット

CIM / i-Consruction に対応した操作マニュアル及びデータセット

・UAV写真からの3Dモデル作成と土量算出
・2次元図面からの3Dモデル作成
・構造物データの地形への配置
・Civil3D 「LandXML 1.2に準拠した3次元データ交換標準(案)」対応モデル作成
・空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理要領(土工編)に準拠した手順

製品別基本操作マニュアル

CIM / i-Cosntruction を支援する ソフトウェア Civil 3D、InfraWorks、Navisworks、Revit の操作方法を学べるトレーニング教材です

Civi 3Dのトレーニング教材に沿ったムービーはこちら

CIM / i-Construction ユーザ施工事例

施工業務において3次元モデルを活用した事例をご紹介します。

i-Construction 時代の情報化施工に挑む 日本国土開発AI を活用した未来の土工現場とは

i-Construction 時代の情報化施工に挑む 日本国土開発
AI を活用した未来の土工現場とは

重機を使った土工を強みとしてきた日本国土開発は、国土交通省の「i-Construction」政策の推進をきっかけに、ICT(情報通信技術)建機やドローンを駆使した情報化施工の技術開発に取り組んでいる。設計・施工の中心となるツールは、オートデスクのCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)用ソリューションだ。同社で CIM に取り組む技術者に直撃取材した。

橋やトンネルから土工まで全国の約60現場に広がる大林組のCIM活用戦略を支えるソリューション

橋やトンネルから土工まで全国の約60現場に広がる大林組のCIM活用戦略を支えるソリューション

2012年2月にCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の取り組みを始めた大林組は、3年弱で全国57カ所の現場に導入。オートデスクのCIMソフトウェアなどに、UAV(無人機)や3Dレーザースキャナー、3Dプリンターなどを組み合わせることによって、判断の迅速化や施工の効率化、維持管理モデルの構築などの成果を出している。

ドローンで渓谷を3D化、橋梁の景観検討に生かす i-Constructionに挑む昭和土木設計(オートデスク)

ドローンで渓谷を3D化、橋梁の景観検討に生かす
i-Constructionに挑む昭和土木設計(オートデスク)

昭和土木設計(岩手県矢巾町)は2013年、CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)導入に取り組み始めた。その2年後には早くも、ドローン(無人機)やCIMソフトを活用した橋梁の景観検討で、「AUTODESK CREATIVE DESIGN AWARDS 2015 CIM部門」のグランプリを受賞した。同社は今、国土交通省のi-Construction戦略に対応して、CIMによる付加価値の高い設計業務を追求している。

渋谷駅駅周辺再開発の施工に威力を発揮 BIMとCIMを統合した東急建設の「UiM」

渋谷駅駅周辺再開発の施工に威力を発揮 BIMとCIMを統合した東急建設の「UiM」

渋谷駅とその周辺でいま、大規模な再開発事業が行われている。その中でも 多くの工事を担当する東急建設はそれらプロジェクトの施工管理などに、同社独自の「UiM(アーバン・インフォメーション・モデリング)」というコンセプト/ワークフローを活用している。それをソフトウェアの面で支えるのは、オートデスクのBIM / CIMソリューションだ。

BIM / CIM による投資効果はいくらなのか? 設計者や実務者が定量的評価に挑戦

BIM / CIM による投資効果はいくらなのか? 設計者や実務者が定量的評価に挑戦

BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)や CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)は、建設工事の品質、工程、コストなどを改善し、生産性向上に効果があると言われる。では投資効果はいくらなのか? この問題に BIM を活用する設計事務所や建設会社の実務者が、2日間取り組んだ。 200億円の建築プロジェクトを例に試算したところ、BIM による利益創出効果は工事費の 10% に及ぶものだった。

 前田建設工業がCIM試行工事に Autodesk Revit、Civil 3Dを活用トンネル施工の問題点を事前に解決

前田建設工業がCIM試行工事に Autodesk Revit、Civil 3Dを活用
トンネル施工の問題点を事前に解決

住宅地にはさまれた国道298号の 地下に外かく環状道路のトンネルを構築する ―国土交通省の平成25年度 CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)試行工事で「希望型」に指定された工事で、前田建設工業はオートデスクのCIMソフト「Autodesk Revit Structure」、「AutoCAD Civil 3D」や「Autodesk Navisworks」を活用。施工上の問題点を施工計画の段階で発見し、解決する「フロントローディング」を実現した。

試行から実践へと進化中央復建コンサルタンツのCIM活用

試行から実践へと進化
中央復建コンサルタンツのCIM活用

中央復建コンサルタンツは、価格競争に巻き込まれない差別化戦略の一環 として2007年にオートデスクの「AutoCAD Civil 3D」を30本導入し、3次元 設計への取り組みを始めた。翌2008年には早くも実務での成果を出して以来、現在までに100件以上の3次元設計やCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)プロジェクトを行ってきた。同社のCIM活用は試行から、全社での実践へと進化し始めた。

デンバー国際空港の拡張計画を BIMモデル化
Autodesk Revit や Autodesk Infraworks などをフル活用

米国コロラド州にあるデンバー国際空港の拡張工事では、Autodesk RevitやAutodesk Infraworks、Autodesk NavisworksなどのオートデスクのBIM/CIMソフトをフルに活用し、設計・施工を行っている。設計チームのオフィスには「BIMルーム」と呼ばれる部屋があり、毎週、各社のBIMマネジャーが集まり、干渉部分の調整や施工法の検討を行う。施工チームは現場でタブレット端末を携帯し、3Dによる施工管理を行っている。BIM/CIMの活用は工事現場の姿を大きく変えた

建設通信新聞 CIMの道筋シリーズ

建設通信新聞に掲載された「CIMの道筋シリーズ」をご紹介します。

ICTと向き合う

ICTと向き合う

活用工事とCIMの両輪/現場目線で基準カイゼン 国土交通省 / CIM普及へ課題整理対象土工/来年度は70件 北海道開発局 / 早期復興へ多彩な取組みCIM、3次元測量で加点 東北地方整備局 / 地元企業が慣れる環境を/事例集でCIMの効果共有 北陸地方整備局 / CIM活用へ指導者育成/実現場使い体験講座も順次 関東地方整備局 / 品質、安全性が大幅向上/課題解決へ独自の手引き 中部地方整備局 / 実工事で効果確認/自治体への普及が課題 近畿地方整備局 / 各県単位で連絡会/複数形式の橋梁にCIM 中国地方整備局 / 新規道路など費用対効果/自社で3次元データ作成 四国地方整備局 / 【河川管理にCIM/2.5次元で使いやすく 九州地方整備局
座談会「CIMの『心』を読み解く」シビル・ユーザーグループ

“新”協業の未来

“新”協業の未来

公共工事の生産性向上によるコスト削減を目指し、BIM/CIM導入の流れが世界各国に広がっている。日本建設情報総合センター(JACIC)は、公共工事のBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)義務化を表明した英国の取り組みを紹介するとともに、英国や米国などの第一線で活躍する国内外の専門家を招き「BIM/CIMプロセス標準化・義務化に関するパネルディスカッション」を開いた。公共調達や建設業界の慣習を変革する先進の取り組みを踏まえ、CIM導入ガイドラインの策定を目前に控える日本のCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の将来を展望した。

CIMの道筋 生産性革命元年

【目次】
意欲ある企業にチャンス 国土交通省 / プロセス全体 効率化と合理化を 北海道開発局 / 震災復興 i―Con連絡会議を設置 東北地方整備局 / 維持管理での活用策議論 北陸地方整備局 / 一貫モデル データ見極め焦点 関東地方整備局 / 全体工程を可視化 情報共有 中部地方整備局 / 視覚効果で作業効率向上 近畿地方整備局 / 構造詳細の確認で成果得る 中国地方整備局 / 適・不適の見極めが大切 四国地方整備局 / 春吉橋、防災でCIM活用 九州地方整備局

CIMの道筋 技術検討会の目線

【目次】
節目迎え産学官体制へ / 深化する技術的検討内容 / 時代変貌 レーザ計測主流 / CIMは現場マネジメント / UAV元年、活用するCIM / 3次元で高精度な施工管理 / 民間主導のCIM基盤づくり / 欧州に見る日本のレベル / 進展する構造物モデル標準化 / 技術検討会の方向性

CIMの道筋 維持管理モデル

【目次】
動き出すCIM納品 施工負担上の危惧も広がり / 点検実態から比較検証 視覚化効果でより明確に / 既存ストックへの仕掛 点群データをブロック化 / 問われる既存DBとの議論 難しい情報の一気通貫 / 手間かけず情報引き継ぐ 工種ごとに最適な仕組み / 初期モデルは社会貢献 データを誰が構築するか / 川下から川上の議論も 設計と施工が双方向に対話 / 前提変われば施工も変わる どこ軸に詳細度を決めるか

CIMの道筋 欧州との距離

【目次】
突き進む英国の姿勢 / HS2はBIMの試金石 / 潮流は情報マネジメント / 変化に呼応する企業戦略 / BIMカルチャーの構築 / 人材トレーニングを標準化 / 維持管理に英COBie / 英国と日本に「類似性」 / シールド影響度に「TIM」 / 触れたCIMの奥深さ / 胆沢ダム管理にCIM導入 東北地方整備局が全国初

CIMの道筋 米国に見る光と影

CIMの道筋 米国に見る光と影

【目次】
BIMは計画の命綱 4Dで進むWTC開発 / 事業成功に導く手段 時間、コスト、リスク最小化 / 効果に規模関係なし NY市は安全計画に義務化 / 技術的に開きはない 統合モデルは 4D 連動 / 問われるモデル信用度 チーム全員が1つになる / 点群活用に可能性 安全、環境配慮に利用価値 / 維持管理は独自対応 土木事例まだ極わずか / 属性情報を見極める 米陸軍はCOBie義務化 / 成果は目的の明確化 BIMに何を付加するか / 内在する土木の「壁」試される国交省の本気度 / インタビュー 技術調査団メンバー