オートデスクのクラウド製品による ISO19650 対応

- CDE(共通データ環境)を利用したISO19650ベースの業務マネージメント -

・ご紹介する製品:Autodesk Docs

Autodesk Construction Cloud (ACC) / BIM 360 が BIM 規格とも呼ばれる国際規格 ISO19650 (注) に対応しました。
また、これまで AECコレクションのサブスクリプションご利用の特典としてご提供しておりました、Autodesk Docs を単体としても販売を開始いたしますので、ISO19650 対応の概要に合わせて Autodesk Docs についても改めて詳しくご説明いたします。

注:ISO 19650は、BIMを使用して建設された資産のライフサイクル全体にわたって情報管理を行うための国際規格です。

主な内容:
- ACC/BIM360プラットフォームと各種製品の説明
- Autodesk DocsによるISO19650対応の解説

資料ダウンロード

過去のセミナー

構造BIMのはじめ方

高取塾

Autodesk Revit 連携 - 構造設計での BIM 活用オンラインセミナー 2022

BIM・建設DX製品 無償体験版

オートデスク 製品を30日間無償でお試しいただけます。