Revit や Navisworks と連携! オートデスクのクラウド製品活用

BIM モデルを便利に共有/活用するための CDE(共通データ環境)としてのAutodesk Construction Cloud / BIM360 の使い方

対象のお客様:建築・建設業のお客様

対象製品:
- BIM Collaborate Pro
- AEC Collection (Revit, Navisworks)

Autodesk Construction Cloud (ACC) / BIM360 は CDE(共通データ環境)として業務で作成したデータファイルを共有できますが、Revit やNavisworks と連携させることでより効率的な作業が可能です。

この動画では ACC / BIM360プラットフォームの Docsモジュール、Design Collaboration モジュール、Model Coordinationモジュールの使い方と、Revit と Navisworks との連携方法を説明します。

講師 : オートデスク
テクニカルスペシャリスト 石川 翔平、BIM 360 インサイドセールス 渡辺 駿

資料ダウンロード

過去のセミナー

構造BIMのはじめ方

高取塾

Autodesk Revit 連携 - 構造設計での BIM 活用オンラインセミナー 2022

BIM・建設DX製品 無償体験版

オートデスク 製品を30日間無償でお試しいただけます。